大通り情報局ポジトーク炸裂

開店休業中

転職の年齢データ

この頃、中途採用の数が増しています。

かつては当たり前だった終身雇用の制度も、段々すたれてきています。

今や年齢に関係なく転職を考えたり、実際に転職をする割合が増えてきている様です。

転職の動機は人それぞれで、キャリアアップを目指す人、給与や勤務時間などの待遇、仕事内容が理由だという人もいます。

転職を考える人は、30代後半くらいが最も多い傾向があると言われています。

実際に転職をした人の割合は考えたことのある人の役3分の1程度というデーターがあります。

30代後半の転職状況を男女別で比較すると、女性の方が男性より多く転職しています。

女性は男性より積極的に転職をしているようです。

結婚し、家族を持つことでより安定度の高い環境を求める心理が、30代後半に転職が多いことと関係しているのかもしれません。

社内の問題を何らかの形で解決することによって、その会社で働き続けることができるようになることもあります。

反対に女性の場合は、キャリアのある人は特に年齢を武器にして転職希望の企業へアピールをすることで転職に成功している例が多くあるようです。

転職したいという理由については様々です。

職場の人間関係などが理由である場合には、前職よりも年収が多少低くなっても転職を決めている人もいるようです。

現在の中途採用においては、年齢に関係なくキャリアや人間性を重視する中途採用を進めている企業が増えている傾向にあるようです。


Categorised as: 転職

Comments are disabled on this post


Comments are closed.